オリジナル柄染色

デジタル柄染色

ジーンズを表現したプリント

これからのスタンダード。

インクジェットプリンターの技術を応用した染色を、「デジタル染色」と呼んでいます。
デジタル画像データから直接インクジェットで染色シートに染料を吹き付けた後、昇華転写染色を行う方法です。
使用するインクの種類は染料インクなので、染色加工となります。布の風合いを損ねることもなく既存の長尺染色と遜色はありません。

<昇華転写染色>
染料をインクジェット塗布したシートを生地に圧接・高温度で転写・安定化する染色方式です。
技術レベルの向上により従来の長尺染色と品質上、優劣つけがたいものとなっています。

被服メーカー様へ

デジタル染色のメリット

染色画像はイラストレータ、フォトショップ、スキャナー、デジカメ等のデジタルデータを直接インクジェットプリンターで製作します。 従来のシルクスクリーン染色方式と違い、シルク版が不要となり、小ロット生産でもコストを圧迫することが少なくなりました。

「多色の染色(フルカラー染色)が出来ます」「高精細グラデーションの染色が出来ます」「データ制作から染色に要する時間が短い」「修正が容易(プリント版が不要)」「多品種・少量〜中量生産に最適」「印刷ではなく、染色加工なので布の風合いを損ねません」
  • オリジナル柄染色
  • 生地の二次加工
  • 資材・ネーム
  • リメイクデニム